忍者ブログ

Unplanned-Blog-of-Zero

ぜろ屋ブログ
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[02/20 たこやき]
[01/29 たこやき]
[01/29 たこやき]
[01/23 ぜろ]
[01/21 かつらん]

04.25.00:55

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 04/25/00:55

07.29.01:29

浜松旅行 【観光編】

観光編です。

観光とは言っても、後輩の墓参りがメインですし、如何せん長距離かつ1泊の短い旅行。
悲しいかな長居が出来ないので急ぎ足で回りました(´・ω・`)

食事がおいしい土地って言うのは先述の食事編でも言ったとおり。
ただ、最近旅行に行けなかった私としては、カメラをなんとしても使いたかったので、素敵な静岡の写真でもとこちらも楽しみにしていました。


東北道から東京経由で浜松まで、片道400キロ。
最近不調なインプレッサでしたが、頑張ってくれましたw

東名高速のBMWたちのマナーの悪さに 多少なりともご立腹しながらも、また、非常に蒸し暑い中でタービンが熱ダレしながらも、無事に到着しましたw

初日はお墓参り。
ぜろ屋・たいら・NOB・キングと 現地合流のK君とで 後輩の冥福を祈りつつ、この日はおとなしく宿に向かうことにしました。

K君を浜松駅まで送り宿へ
浜松は、政令指定都市なのですね?
整備されて、街頭の美しい素敵な街でした。
(宇都宮に帰って、ギャップにがっかりしたのは秘密です)

(写真は別のサイトよりお借りしております)

本日の宿

根本山荘
オトコだけなので、格好つけずに安い宿というので楽天トラベルで検索。
素泊まり4500円という安さに惹かれ予約を入れました。
古い宿ですが・・・逆に昭和的な味があって良いかもw
出迎えてくれたのは 旦那さんとかわいい娘さん2人。

ゆっくりと休むことが出来ました。

さて、2日目
Nob氏が22時までに宇都宮の新幹線に乗らねば福島に帰れないとのことで、頑張っても静岡滞在は14時まで。
駆け足で回ります。
まずは浜名湖SAへ

前日の雨とは打って変わって 晴天になってきました。
たいらのNIKON と私のCanon がフル稼働を始めますねw


カメラのないNobとキングは はしゃぐ一方ですw

浜名湖は前日の雨のせいか、濁っていました・・・ 雲も多くなかなか色合いが難しい。
自分の写真の腕がヘタクソー なのが悔やまれます。

次に、弁天島方面へ車を駆りだします。

どんどん晴れて日差しが強くなっていきます。
南国気分ですね~


しかしこの日差しである・暑い


弁天神社の鳥居と奥に伸びるバイパス。下に広がる海。
海なし県に住む私にはよだれの出るような風景です。

海沿いを走りながら、目的地の中田島砂丘へ。
日本3大砂丘(?)らしいですが、ググると結構あいまいなんですがねw
でも、そんな名前を聞いたならば 行かねばならんと言う事で・・・
到着♪


おぉ(*´ω`*)
砂まみれ(*´ω`*)
・・・なんで革靴で来たのだろう わたし・・・
日差しの強烈な中、海岸に似合わない格好の4人が ヒーヒー言いながら砂を歩きますw

良い風景♪
プロモの撮影なんぞに使われそうな風景とのこと・・・
たいら氏の「いつもの写真撮ろうぜ」の暑さで血迷った言葉を発端に・・・
撮っちゃいました

本日の 目潰し画像4枚

ついでにプロモ写真風に・・・




まるで売れないラップユニットのようなプロモ写真が出来上がりましたw
暑さのせいです・・・ごめんなさい


暑いときは海を見るに限りますな

夏で人がぎっしりの海岸と打って変わって、人の少ない海岸線。
贅沢な風景です。

その後暑さにやられた我々は近くの喫茶店でかき氷を食すことにw
このたびで一番幸せを感じた瞬間でしたw

ここで、静岡滞在タイムリミット。
泣く泣く 関東に帰ることとなりました。

静岡・・・
いい所です(*´ω`*)
今度時間を作って ゆっくりとめぐりたいものですね?

拍手[0回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:浜松旅行 【観光編】
2009年07月29日水

こちらにも書いてみるww

市街地の写真がないのが悔やまれますなぁ。
やっぱり、無理してでも撮っておいた方が良かったですかね・・・。(´・ω・`)

まぁ、また行けばいっか♪w

Re:浜松旅行 【観光編】
2009年07月29日水

>たいら

まぁ、いろいろと撮り逃がした場所やモノは多いですわ。

露光等々、失敗の多い写真だったのが非常に悔やまれますわな? 精進せねば

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら